防災対策には発電機を!

更新情報

             
2012/11/05

サイトがオープンしました。

2012/11/05

サイトがオープンしました。

2012/11/05

サイトがオープンしました。

災害対策の為の情報収集

災害が起こったときには、最も重要となるのは落ち着いて対応をするということです。そのためには、情報の収集と共有は徹底されるべきであるといえます。従業員の間での連携が、円滑に行なわれるということがここでは求められています。災害対策チームを、まずはそのために設置しましょう。総務、保守、経理、営業といった、災害について情報共有をすることが必要になる部署から、担当者を集めておきましょう。もしそのときに従業員が少ない場合には、全員でいかに情報共有を行なうかということに意識を向けましょう。

まず、会社に関係している土地について、情報を集めておくようにしましょう。本社、支社、そして工場、倉庫、製品や部品の調達先、サーバーを設置している場所、駐車場、従業員の自宅について、通勤手段について、こういったものへの配慮が必要になります。こういったものについて、緊急用の連絡先リストを作成しておくと、非常時に便利に使うことができます。
More »

企業防災対策

災害が発生した際の企業の対応として、どのようなものが考えられるでしょうか。
まず、この対策としては五つの段階を考えることができます。それは、情報収集、従業員の人命確保、情報を守る、会社の資産を守る、そして最後に、地域に対して貢献をするということです。こういった災害に対しての準備を事前に行なっておくことで、企業の中での防災対策になるのです。
More »

電気の必要性と発電機

発電機というものの重要性が、一般にはどのくらい認知されているものなのでしょうか。通常、電気というのは人間の生活の中では非常に大きなものであるといえます。その電気が止まってしまったり、供給ができなくなってしまったときには、発電機の存在が大きく力になるといえます。例えば、携帯電話は誰でも持っていて、便利に使うことができます。しかし、これも充電が切れてしまえば、再び充電をするまでは使うことができなくなります。また、発電機は夜の暗闇に対しての対策にもなります。非常時に頼れる存在が、この発電機であるといえるでしょう。防災対策として使える発電機、電気や災害についての問題を解説します。
More »