» 蓄電式太陽光発電

火災、停電、防災対策対策には発電機を! | 発電機徹底ナビ > 蓄電式太陽光発電 > 蓄電式太陽光発電

蓄電式太陽光発電

太陽光発電というのは、太陽でのエネルギーを太陽電池モジュールに当てることによって、電気を生み出すことができます。これにより、電力変換を行なうことができる発電方法になります。
ソーラーパネルを設置するものであるため、ソーラー発電という名前が使われることもあります。

一般的な太陽光発電のシステムの場合、電力会社との連携が行なわれていて、家庭での発電によって余剰電力が生まれた場合、それを電力会社に売るということもできるようになります。また、夜間の太陽光が当たらない時間で発電をすることができない場合には、電力会社から電気を購入することできるものになっています。また、発電した電気を蓄積しておくことができるタイプの、蓄電式太陽光発電システムも生まれてきています。

この蓄電というのは、電池の中に電気をストックするということになります。電気をストックしておくことにより、昼の間に蓄積した電気を、夜間や緊急時にも回すことができます。

太陽光発電によって貯蓄できる電力が少ない場合、もしくは使用できる電化製品が限定される場合、家庭で導入されることが多くなっています。

LINK

  • カワフジ災害時の防災対策と平常時のエコを同時カバー
  • FX、各種カードローン等の金融関連情報を提供MONEY JAPAN